岡崎市親子ヨガ・ママヨガ教室AI・KIDS(アイキッズ)WEBSITE

この数年間を振り返ると

 

ヨガのポーズをとる時間より

 

こうやって、文章を書いていた時間の方が長かった・・・

 

と思うんです。

 

 

 

でも、それで、良かったのかも、と思うのです。

 

 

 

キッズヨガに対する信念が強すぎて・・・
やらかしちゃって、それでも受け入れてくれた場所を

 

自分から「もう、やれません!」って断って・・・

 

 

そんなことばかり、してきた4年間。

 

 

 

 

 

「ヨガ」だけの世界じゃ、そんなことなく、

 

「ちっちゃく、なっている」のに・・・。

 

 

 

 

 

キッズヨガ、親子ヨガ、ママヨガという分野になると、

 

 

 

最初から

 

 

大先生たちに「物申す!」をしちゃっている自分がいて。

 

 

 

 

・・・ふと、我にかえったとき、うわ!!と思うんですが。

 

 

 

自分が受けたママヨガの養成講座、キッズヨガの養成講座2つ、

 

全て、で、

 

「うわ!先生、それ、チガウ!!!」って

 

 

つよく、つよく、思った瞬間が、あって。

 

 

 

 

まだ、覚えている。

 

 

 

 

・・・
・・・
・・・

 

 

 

じゃ、自分で、やってみて、自分が「違う」って思ったことが

 

 

それ、どうなのか?ってのを、やってきてみている4年。

 

 

 

・・・なんだろうな?

 

 

 

「それ、譲れない!」

 

 

ってものがある世界で生きている・・・。

 

 

 

 

だから、アツイんですよね〜〜〜。

 

 

アツク、なっちゃう〜〜〜から、

 

 

ヨガでいう

 

 

「すべてを受け入れましょう〜ありのままで〜」

 

 

が、ポン!っと、ふっとんじゃう・・・。

 

 

 

 

・・・年末、相談したんです。

 

・・・

 

 

「分かるよ。」って言ってもらったことが、とても救いでした。

 

 

 

 

・・・唯一、信じている「ヨガの場」がある・・・

 

 

 

んです。

 

 

 

 

・・・キッズヨガや親子ヨガを始めた頃、

 

「つ〜〜〜ん!」ってされた先生達の顔も
覚えていて・・・

 

 

あ〜、もしかしたら、今、私、そういう状態か?

 

 

 

って、思ってたりも、しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ〜、自分が0から必死で始めたものを、「見学させてください!」って

 

 

インストラクターになり立ての、「興味あるんです〜」の軽いノリで来られたら

 

 

「つ〜〜ん!」ってされるわな〜って、やっと、あの先生たちの気持ちが分かったんです。

 

 

 

え?

 

ヨガの世界って、

 

 

なんでも、受け入れてくれるんじゃないの?

 

みんなで、いいものを共有する世界なんじゃないの?

 

 

 

って、思ったんです。あの頃。。。

 

 

 

 

だから、自分は、なるべく受け入れようと思ったけれど、

 

 

いざ、そういう状態になると・・・

 

 

 

ということを、何十回も繰り返してきて、、、、

 

 

 

あ〜、まだまだ、経験が足りないだけなんだな〜と思えました。

 

 

 

 

 

 

「そんなこと、考えもしなくなる」

 

 

 

 

境地まで行けるまで

 

 

 

まだまだなんだな〜と

 

 

 

 

先を行っている人が教えてくれる。

 

 

 

 

 

「比較のしようがなくなる」

 

 

 

 

まで、やっていない・・・だけなんだな〜〜〜〜と、分かった。

 

 

 

 

 

 

早く、仕事、しなよ!!!私!!!笑

 

 

 

 

 

 

 


親子 大人 養成 問合