岡崎市親子ヨガ・ママヨガ教室AI・KIDS(アイキッズ)WEBSITE

40年生きてきて・・・

 

一番ナイタ!

 

 

 

2017年でした。

 

 

 

 

あ〜、あれって、今年だったんだな〜って、思うくらい、日々が

 

 

「濃く」て。

 

 

 

 

「昨日」なのに「先日」って書いちゃう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、日々を、送りたかったから、

 

 

 

とても、幸せな日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生で、きっと「好き」を一番伝えてきた「つよし」が、いつだったか、言っていた

 

 

「自分の半分がなくなったみたいで」

 

 

というのが、分かった。

 

 

 

 

 

 

自分を育ててくれた人が

 

 

この世の中から

 

 

いなくなったって、自覚できるまでに

 

 

 

 

 

 

まだ月日はいるようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

日常に、まみれていると、忘れるんだけれど、

 

ふと、

 

 

青い空を見るだけで、

 

 

思い出すと、

 

 

 

うわ!!!

 

 

 

 

って、思うくらい、泣かない女子で生きてきたのに、

 

 

 

 

 

困るやん!もっと、汚くなる、顔!

 

 

 

 

と思うくらい、涙が出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・綺麗な女子の涙なんて、見飽きているわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいよね!!!そんなん、で、好きな人を射止められるんだから・・・

 

 

 

 

 

って、思ってきた女子は、

 

 

 

 

 

 

 

そこそこ、頑張るんです!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・自分を見捨てないで、頑張れる力を持っている人は、

 

 

 

強い!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを祖母や母から学んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あんた、綺麗でも、スタイルよくもないから、ラッキーやん!」

 

 

 

 

 

って、いうんです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

不必要な嫉妬という感情が

 

 

 

起きない世界で、幸せに生きられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人間の奥深いところ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、生きていると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中途半端な、綺麗さは、

 

 

 

 

 

 

 

 

かすむわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを知っているものだけが、生きのこっていくんだろうな〜とか、

 

 

 

 

ちょっとだけ、思う40歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、わっかい、20代の男子たちのぴちぴち感は、

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいアパートの壁みたいにしか思えなくて。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねえ?

 

 

あんた、どこの「木」?

 

 

 

 

 

 

 

 

どこの土で育った?

 

 

 

 

 

 

 

みたいなところに、興味をもってしまう・・・

 

 

ばばあ・・・だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・子供のころから、文章を書いていないと、保てないみたいです。

 

 

 

 

 

 

白い雲のように〜2018〜 関連ページ

BACK DOOR.
人生はラ・ラ・ラ。
膝と踝の位置。

親子 大人 養成 問合